プロフィール

deail3000mile

Author:deail3000mile
東京在住。男性30代。独身。

出会いを追求すること10数年。
少しは成功し、いくばかの「経験」をするも、多くは失敗・失望の繰り返し。

浪費した金額は数百万相当。

いま奮起して精神面・心理面からも出会いを業者本位ではなく、ユーザ本位としようと思い立つ。

いままでの成功や失敗や、これからの経験が少しでもいかせるよう、記事の更新を頑張っていきたいと思います。


最近の記事


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Googleの解釈は?

Googleによる本blogの解釈を調べています。

おそらく、本blogが意図しているものとは正反対の広告になっていると思われます。

それを調べるための実験です。



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(感想文)書評 - 中年童貞 このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
キャバクラは、恋愛の勉強にはなりません、コメントの返信

を書いた矢先に、以下のエントリー


404 Blog Not Found

書評 - 中年童貞



そんなえさに釣られないクマー、って言いたくなった。


でもやっぱりえさに釣られて見ますw。

なぜ、男の「非モテ」と言った事象が起こるかを、改めて自覚しましたから。

-------------------------------------------
本書は恋愛至上主義批判という点において、一見「電波男」に通じているように見れるが、本田透は女性に近づかないのに対し、渡部には女性が近づかない。本田は自らのパトスが生身--三次元--の女性を傷つけることを恐れて、あえて二次元に自らを隔離しているが、渡部はそもそも女性のことを考えていない。この両者はイルカとサカナほど違う。
-------------------------------------------

「渡部はそもそも女性のことを考えていない」
と言うのは間違いではないですが、表現がふさわしくない、と私は考えます。

私が翻訳すると、

「渡部含めた非モテは、ゆがめられた女性像を見させられすぎたため、女性そのものを違った捕らえ方をしている。結果、女性の事を考えていない状態になっている」

それは私は、日本では、女性を「モノ」扱いにしてきた経緯があると、思っています。

例を並べると、

1.テレビをはじめとしたメディア
2.風俗を中心に考えたゆがんだ思想。

1.は「トレンディドラマ」とかで、結果的に「恋愛を○○才までにしなければいけない」と言った思想を押し付けたところがあるかと思っています。「恋愛できない男は、人間じゃない!」って暗に言っているように見えましたね。

2.は「男は大人になったら、ソープで童貞を捨てなければいけない」と言った思想です。

1も2も、「信じられない!」と思う方も多いと思いますが、私の場合は10才ぐらいから何度も聞かされた話です。

相反する「考え方」なしで。

-------------------------------------------
著者をはじめとする中年童貞たちは言う。女たちの望みは高すぎる、と。しかし、なぜ彼女たちの望みが高いか、もし自分たちが彼女たちだったらという視点にまで考えが及ばないのだ。イケメンだのブサメンだのと鏡をみてどうこう言う前に、彼らには心の鏡がないのだ。
-------------------------------------------

「女たちの望みは高すぎる」って考えを、散々テレビで見されられましたからw。1980年代、1990年代に。

テレビや雑誌って、「女たちの望みが高い理由」って言いましたっけ?ほどんとなかったですよw。

そういえば、心の鏡どころか「鏡そのもの」は「テレビ」には写りませんね。それじゃ、存在忘れますよ。

-------------------------------------------
恋愛って、汚れることだよ。相手のためにどこまで汚れることが出来るかだよ。血と汗と涙と愛液と精液にまみれることだよ。
-------------------------------------------

テレビドラマの「似非恋愛」は、そんなこと言わないことが多いかな?

そして、「血と汗と涙と愛液と精液にまみれること」を「悪い事」のように言っているのは、主に「テレビのニュースやワイドショー」じゃありません?

どっちなの?

あ、

女性≠メディア

ですっけw。

-------------------------------------------
本書の「終章 はじめてのデート」で、著者は上記の意味では、全く彼女にほれていなかったことは明らかだ。著者はセックスを望むのみで、彼女に何を与えられるのかを少しも考えていない。もし自分が彼女だったら、そんな輩と「結婚を前提としたつきあい」をするのだろうか。
-------------------------------------------

「セックス以外はどうでもいい」なんて話、さも当たり前に聞かされましたね。

「男は釣った魚にえさをあたえない」なんてテレビで「女性が」言っていたこともありましたね。

そんなこと言われ続けて、「男は釣った女にえさを与えてはいけない」って思ってしまいましたよ。

「結婚は恋愛の墓場である」
って言葉も、さも「常識」みたいな言い方もされましたね。

どうせそんなこと言うの「男だけ」って思ってはいますがw。

-------------------------------------------
とりあえず、著者はローションなしでペットボトルを尻穴に突っ込んでみてはいかがだろうか。心理的にはとにかく、物理的な痛みぐらいはわかるかも知れない。そっち方面に目覚めれば、それはそれは慶ばしいことかも知れないし。
-------------------------------------------

弾さん、メソッドの提案は、まだまだかな?

なんで言い切れるって?

当blogでは、さんざん言及していますので。

そうだその通りだ!、って思った人は、
 

あなた何なの?、って思った方は、



お前うざいんだけど、って思った人は、





スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://deai3000mile.blog82.fc2.com/tb.php/85-5299c649


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。