プロフィール

deail3000mile

Author:deail3000mile
東京在住。男性30代。独身。

出会いを追求すること10数年。
少しは成功し、いくばかの「経験」をするも、多くは失敗・失望の繰り返し。

浪費した金額は数百万相当。

いま奮起して精神面・心理面からも出会いを業者本位ではなく、ユーザ本位としようと思い立つ。

いままでの成功や失敗や、これからの経験が少しでもいかせるよう、記事の更新を頑張っていきたいと思います。


最近の記事


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Googleの解釈は?

Googleによる本blogの解釈を調べています。

おそらく、本blogが意図しているものとは正反対の広告になっていると思われます。

それを調べるための実験です。



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A子さんの被害事例(1) このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
本blogでは営業の方もいることをあえて承知で、訪問販売とその実態を述べて行きたいと思います。

以下のお話は、訪問販売の怖さも、契約の怖さも知っていた方が、ローン地獄に陥ってしまったお話です。

仮にA子さんとします。

A子さんの被害事例(1)-以前はうまくいっていた訪問販売撃退

A子さんは、基本的にお人よしで、人の頼みを断れない正確を
していました。

もっとも、A子さんは兄の読んでいた「ナニワ金融道」を愛読しており、
「サラ金に手を出してはいけない」「契約は怖い」
と認識していた、つもりでした。

学生時代に、一度カーオーディオの販売員に捕まったときも、
最後には販売員は半ば脅し状態になりましたが、
「ローンは組めないから無理です!」

と、逃げてきたくらいです。

そこまでは、平穏な生活を保っていました。

少なくとも、2003年までは。

そのころの、一人暮らしのアパートには、インターフォンがついていました。

インターフォンをうまく使って訪問販売員が、
「いま大丈夫ですか?」
と言われても、いま「手がはなせないので」と言って、
インターフォンの受話器を下ろしていました。

インターフォン越しですと、断るのは簡単でした。

しかし・・・・

それをくぐりぬける手口がA子さんを待っていました。

(次回に続きます)

次回の展開に興味を持った、って思った人は、
 

早く教えてよ、って思った方は、



訪問販売なんてお人よしが引っかかるものだよ、って思った人は、


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://deai3000mile.blog82.fc2.com/tb.php/78-4b8db9f9


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。