プロフィール

deail3000mile

Author:deail3000mile
東京在住。男性30代。独身。

出会いを追求すること10数年。
少しは成功し、いくばかの「経験」をするも、多くは失敗・失望の繰り返し。

浪費した金額は数百万相当。

いま奮起して精神面・心理面からも出会いを業者本位ではなく、ユーザ本位としようと思い立つ。

いままでの成功や失敗や、これからの経験が少しでもいかせるよう、記事の更新を頑張っていきたいと思います。


最近の記事


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Googleの解釈は?

Googleによる本blogの解釈を調べています。

おそらく、本blogが意図しているものとは正反対の広告になっていると思われます。

それを調べるための実験です。



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝言ダイヤル物語(1)1998~1999年の話 このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
さて、キャバクラの話題も小康状態なので、本blogのテーマの一つである「ネット以外での出会い」について書かせていただきます。

今回は「伝言ダイヤル」です。

実はこの手の、「18禁にあたる出会い」については、私は1998年にはじめました。いや、正確に言えば「はじめちゃった」と言えるでしょう。

そのころはまだ大学生でしたが、諸事情で急に、特に恋愛するわけではない女友達も含めて、出会いがなくなってしまいました。

学校から帰ったあとも、休日もさびしい思いをしていました。

そのときに、ふと郵便ポストにあった「伝言ダイヤル・ツーショットダイヤル」の案内と番号が書かれた紙をみて、いままでは捨てていたのですが、つい電話しちゃいました。

以下、伝言ダイヤルのシステムを説明いたします。

その前に、↓のクリックを、是非!
当時については、まず銀行振り込みによる前払いか、自動販売機でのプリペードカード購入をするか、銀行振り込みによる後払いがあったと思います。

私は、銀行振り込みが面倒だったし、当時は車を持っていたため、プリペードカードを自動販売機で購入しました。

金額は、1,000円、3,000円、5,000円とします。はじめに申しておきますが、通話料金はだいたい「1分100円」です。

もちろん女性は「無料」です。

ちらしに書かれている電話番号に電話し、「カード番号」と「暗証番号」を入力しました。するとガイダンスで4桁の「会員番号」が払い出されました。

「会員番号」は相手との音声をやりとりするための、「音声ボックス」と考えてください。

このあと、女性向けに「自己PRを録音」するか、最新の女性の自己PRを聞いて、それに対して音声での返信をするといったやりかたです。

詳細については、村上龍著の「ラブ&ポップ」


を参照してください。もっと詳細なやりとりがでてきます。

私の場合は、はじめは「自己PR」をいれていたのですが、全然返事がなかったので、女性の自己PRを聞いて返事をして、返信があった女性とのやり取りをしていました。

ほどんとは、すぐに疎遠になったり、会う約束してもすっぽかされたりを繰り返したのですが、一人だけ、長く続いた女性がいました。

もっとも「あるイベントのコンパニオンやるんで着てください」と言われたとき、疲れていたのもあって行きませんでした。

本当は、伝言ダイヤルは即決性が乏しいため、焦って「ツーショットダイヤル」に乗り換えようとした段階でした。

もう自分の中では伝言ダイヤルのプライオリティーは下がっていました。

いまから冷静に思うと、「損なことした!」って思いますが、焦っていると判断を誤ってしまいます。

今回はその典型です。

ちょうど繰り返しますが「恋愛できない!」と焦っている男が

「キャバクラに言ってコミュニケーション術を学べ!」

とか

「風呂(ソープのこと)いけ!」

って言葉にだまされて、私が本blogで散々言及したことが、見えなくなることがあります。

結局このときは伝言ダイヤルでは一人も会えず、「18禁での出会い」で実際に会うのは「ツーショットダイヤル」からになります。

ツーショットダイヤルについては、以前書いた内容ですと詳細がかかれていないので、再度リニューアル版を書きます。

次回は、「つい最近またはじめた」伝言ダイヤル物語をさせていただきたいと思います。

レビューありがとう、って人は、
 

やりかたが甘かったんじゃない?、って方は、



なんだ結局会えなかったのかバーカ、って思った人は、


評価はそれぞれの方で、変わるものですね。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://deai3000mile.blog82.fc2.com/tb.php/60-3ad07249


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。