プロフィール

deail3000mile

Author:deail3000mile
東京在住。男性30代。独身。

出会いを追求すること10数年。
少しは成功し、いくばかの「経験」をするも、多くは失敗・失望の繰り返し。

浪費した金額は数百万相当。

いま奮起して精神面・心理面からも出会いを業者本位ではなく、ユーザ本位としようと思い立つ。

いままでの成功や失敗や、これからの経験が少しでもいかせるよう、記事の更新を頑張っていきたいと思います。


最近の記事


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Googleの解釈は?

Googleによる本blogの解釈を調べています。

おそらく、本blogが意図しているものとは正反対の広告になっていると思われます。

それを調べるための実験です。



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A子さんの被害事例(1) このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
本blogでは営業の方もいることをあえて承知で、訪問販売とその実態を述べて行きたいと思います。

以下のお話は、訪問販売の怖さも、契約の怖さも知っていた方が、ローン地獄に陥ってしまったお話です。

仮にA子さんとします。

A子さんの被害事例(1)-以前はうまくいっていた訪問販売撃退

A子さんは、基本的にお人よしで、人の頼みを断れない正確を
していました。

もっとも、A子さんは兄の読んでいた「ナニワ金融道」を愛読しており、
「サラ金に手を出してはいけない」「契約は怖い」
と認識していた、つもりでした。

学生時代に、一度カーオーディオの販売員に捕まったときも、
最後には販売員は半ば脅し状態になりましたが、
「ローンは組めないから無理です!」

と、逃げてきたくらいです。

そこまでは、平穏な生活を保っていました。

少なくとも、2003年までは。

そのころの、一人暮らしのアパートには、インターフォンがついていました。

インターフォンをうまく使って訪問販売員が、
「いま大丈夫ですか?」
と言われても、いま「手がはなせないので」と言って、
インターフォンの受話器を下ろしていました。

インターフォン越しですと、断るのは簡単でした。

しかし・・・・

それをくぐりぬける手口がA子さんを待っていました。

(次回に続きます)

次回の展開に興味を持った、って思った人は、
 

早く教えてよ、って思った方は、



訪問販売なんてお人よしが引っかかるものだよ、って思った人は、


スポンサーサイト

[予告編]日常生活を脅かすもの このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
このblogで紹介するかどうかは迷ったのですが、
「非モテ」の問題を考える上で、内面の問題と関わらざるを得ないため、紹介することにしました。

それは残念なことにうれしくなる話や、感動する話ではありません。

私たちの生活を脅かすもの、
私たちの平和であるはずの人生を食い物にするもの。

正直、不快に思われる方のほうが多いかと思います。

しかし、この世の中には自分たちへ危害を加えるものを、
私たちは知らなければいけないと思います。

次回から、詳細をお話していこうと思います。

「グラミン銀行」と「恋愛資本主義打倒」の奇妙な関係 このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
「挫折スパイラル」の悪夢をさっさと書こうとしているんですけど、時事ネタとか優先順位を考えると、まだアップできるのではない状態です。

シナリオはできてはいます。ずっと後になるかも?

今回はバングラディシュの「グラミン銀行」を取り上げます。



本blogの目的の一つは、「恋愛資本主義打破」(正確には恋愛至上主義、恋愛資本主義による抑圧・搾取からの解放)です。

全然違う内容に思えるかも知れません。

そこであえて、なぜ取り上げるかと言うと、「グラミン銀行」の活動と「恋愛資本主義打破」の私たちの活動に、奇妙な共通点があることに気づいたからです。

その前に、↓のクリックを、是非!

続きを読む »

自分の名前に自信が持てますか? このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
私は、自分の下の名前が嫌いでした。
珍しい名前かと思います。またそう言われることもあります。

小学校のころから自分の名前を名乗るのがいやでした。
苗字は言えても名前を言う場面で自分の声の大きさを
小さくしておりました。

なんでこんな名前を自分につけたんだろう?
正直親を恨んでいました。

しかし、21才になったときにふと気づきました。

「おれは○○(本名の下の名前)以外の何者でもないんだ」

と。

そんな考えになった瞬間、自分の下の名前に対する
コンプレックスが消えてしまいました。

正直何がそう思わさせたのかはわかりません。
運がよかっただけなのかもしれません。
いままで経験をついて、すこしは大人になったから
かもしれません。

21才になった時、少なくとも名前に関しては、
自分を取り戻しました。

気持ちが分かるって人は、



そんな経験したことないよ、って人は、



ランキングの順位で、当blogの人気がわかります

PTSDを直そうかと(2) このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
PTSDを直そうかと」の続き。

結論から言うと、私はPTSDではないと思います。

なぜかというと、過去の傷を引きずっているのではなく、
「過去の行動パターンをひきづっている」と思ったからです。

私は、つい最近まで会社に言いたいことが言えない人間が上司を含めて3人いました。そのうち1人の上司(間に1人上司がいます)に対しては、事前にその上司の間違っていると思うこと、組織上の問題点をまとめ、面談で話しました。

言いたいことというより、いいにくい人間に対して言わなければ行けないことを話すことができました。

これは、過去の私にできなかったことです。

あとは残り2人です。いま頭の中でも紙でも言いたい事・言わなければいけないことをまとめています。そのうち上司にその人間と面談をさせてほしいと要望を出そうと思っています。

もうすぐ私は、過去の行動パターンという呪縛から逃れられそうな気がしております。

応援するよってひとは、



違うんじゃない?それってひとは



ランキングの順位で、当blogの人気がわかります

PTSDを直そうかと このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
過去のそれこそパワハラをしていた人間にあって、けんかしに行こうと思いました。

そのときは上下関係があって、いいたいことがいえませんでした。いまは言える立場なのでできるかと思いつきました。

でも、遠方で、そんなやつのためにお金と時間を無駄にするのが馬鹿馬鹿しくなりました。そのかわり会社にいまいる嫌なやつをつぶそうかと。もちろん暴力は使いませんが、いいたいことを言えない自分と決別しようと思っています。

続きを更新しました「PTSDを直そうかと(2)

私もそうだ、って方は、

違うよ、と思う方は、

ランキングの順位で、当blogの人気がわかります

身内の異性について このエントリーを含むはてなブックマーク

                
  
兄弟関係で性格、特に「モテ」「非モテ」に影響があるのか?

私の経験からすると、「影響あり、しかし超えられない壁ではない」
と言ったところです。

続きを読む »


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。